「夏に有効な暑さ対策」をお伝えさせて頂きます!

2024 05.23

「夏に有効な暑さ対策」をお伝えさせて頂きます!

おはようございます! コン工務店の宮崎です。 …

健康・快適に暮らすために

おはようございます! コン工務店の宮崎です。

去年の夏は、地球の観測史上、過去2000年で一番暑い夏だったそうです。

日本だけでなく、世界規模で高温傾向にある中、今後の高温現象は避けられない予感さえ致します。

そんな中、みなさまの夏対策はどのように行われているでしょうか?

実は、夏対策に対しては断熱性能は大きく影響致しません。

夏に行って欲しいのは、実は「断熱よりも遮熱」なんですッ!

日射を遮る事の方が、実は圧倒的な効果を得られます。

夏に有効な暑さ対策

住宅の夏対策5選

  1. 直射日光を屋内に入れない①
  2. 直射日光を屋内に入れない②
  3. 冷房を止めない
  4. エアコンの効率を上げる
  5. 明るい色の外壁にする

夏に有効な暑さ対策

  1. 直射日光を屋内に入れない①
    これは、単純に東西面の窓から、直射日光を屋内に入れない、というもの。
    散乱光といって、光が窒素や酸素などの空気分子にあたり、入ってくる光は、赤外線を含んでいるので、遮って下さい。この時、遮るのはスダレなどでOKなのですが、新築の場合は、シェードやシャッターが有効です。そして、実は夏至前後においては北面にも当たりますので、大きな窓が北面にある場合も要注意です。

  2. 直射日光を屋内に入れない②
    こちらは、南面の太陽光ですが、9月下旬から10月いっぱいの太陽光になります。
    対策は1と同じく、スダレかシェード、シャッターなどによる対策がお勧めです。

  3. 冷房を止めない
    夏の夜は、冷房を止めない工夫が必要です。

    これは皆さまの体感温度が違うので、なんともいえないのですが、暑く感じないだけの温度で建物を冷やし続けて下さい。

    つまり、夏の夜はエアコンを回しっぱなしにするという事です。

    電気代は、夜の間つけっぱなしでも精々50~70円程度です。熱中症になる事や、家族全員の体調を考えれば、かなり有効な施策なのではないでしょうか?(※これは「コンの家」のような高断熱高気密な住まいだからこそ、成立します。)

  4. エアコンの効率を上げる
    これは、室外機の温度を冷やすなどの工夫を行っておくことです。
    室外機には、直射日光を当てない工夫をする。できれば水で冷やす工夫をすると良いと思います。

  5. 明るい色の外壁にする
    これは、新築時やリフォームによる塗り替えの時にしか出来ないのですが、最近は特に黒色の外壁が流行っています。断熱性能が高い建物の場合においては黒でも良いのかもしれませんが、外壁の温度が高くなって、その熱が屋内に入り込みかねません。

夏に有効な暑さ対策

夏の暑さには対抗しない

上記の5つの対策を行って頂ければ、確実に室温を下げる事が出来ます。

エアコンの運転は24時間運転を基本にすれば、それほど大きなエネルギーは必要にはなりません。

冷房費について

同じ建物かつ、断熱等級6(コンの家標準仕様)の建物で、各居室にACを設置して運転する場合(※要するに、暑かったら、寒かったらつける方式)と、24時間エアコン1台で冷暖房した時とでは、夏の電気代に関しては24時間動かしても大差が無く、データ的には、間欠暖房(※暑かったら、寒かったらつける方式)の全冷房14,721円と、24時間1台運転方式では、15,430円となり、差額は1年で700円程度。

暖房に関しては24時間稼働させると差がありますが、冷房の場合は24時間運転でも大差がない事をお伝えしておきます。

今後は、冬に有効な寒さ対策についても記述させて頂きます。



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
「リフォーム」をお考えのお客様へ

2024 05.13

「リフォーム」をお考えのお客様へ

こんにちは!コン工務店の宮崎です。 当社…

お知らせ

こんにちは!コン工務店の宮崎です。

当社では、新築住宅だけでなく、「既存住宅を蘇らせるリフォーム」も得意です!

下記は、お客様にご購入頂いた「既存の戸建てコンクリート住宅」を、内外部共に改装させて頂いた例。

京都のホテルを感じる家

Before

After

内部においては、断熱を強化させて頂き、住まい心地も向上させて頂いております!

京都のホテルを感じる家(家づくりレポート)

下記は、マンションのリノベーション事例。

本と心地よく暮らす

マンションでは珍しい「無垢床のフローリング」を採用。

もともとの悩みでもあった「収納場所の確保」も同時に実施させて頂きました!

Before

After

広くスッキリした部屋で、現在は快適に過ごされているそうです!

本と心地よく暮らす(家づくりレポート)

部分リフォームも可能!

もちろん、解体を伴う上記のような大規模なリフォームだけでなく、部分的な工事内容(リフォーム事例)でもお引き受けが可能ですので、気兼ねなくご相談下さいませ!



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
なぜ、「高気密高断熱化」をする必要があるのか?

2024 05.11

なぜ、「高気密高断熱化」をする必要があるのか?

枚方市樟葉の注文住宅専門店、 コン工務店の宮崎…

断熱・気密・換気のこと

枚方市樟葉の注文住宅専門店、 コン工務店の宮崎です。

いきなりですが、現代の家づくりにおいて『高気密高断熱な家づくりは不可欠!』みたいな空気が流れていませんか?

そのような私はというと、決して高気密高断熱化が要らない!と、思っている訳では無く、むしろ真逆であり、必要性を感じている1人な訳なのですが・・・。本日は、

なぜ、高気密高断熱化をするのか?

という根本の部分について、お伝えさせて頂きたいと思います。

すでに理解されている方には、当たり前過ぎて申し訳ございませんが、そもそも、家づくりにおいて、私たちや皆様が大きく願うのは・・・

冬暖かく、夏涼しく、「光熱費を抑えられる」家

特に、みなさまにとっては「光熱費を抑えられる」という部分だと思います。(※実際にはその部分だけでなく、他のメリットが大きすぎるのですが)

お客様の家づくりの核心って、ごくシンプルで、家族が安心して健やかに過ごせる事。なのだと思います。

勿論、耐震性やデザイン性など、家づくりの要は、あげればキリは無いですが、基本的には、上記達成の為に、高気密高断熱化をするのだと思って下さい。早速ですが、

高気密高断熱を、身近なもので例えてみる!

“家という規模感”では、どうしても一般の方にはとっつきにくいので、私はいつも身近なものに例えて、お客様にご説明させて頂いております!

今回は、人間の”衣服”でお伝えさせて頂きたいと思います。

断熱性の高いもの(断熱性の向上)→ダウン

例えば、冬に”ダウン”を着ると”暖かさ”は増します。しかし、風が強い日には、体から熱がどんどん奪われ行き、寒さを感じます。

これを防ぐために、

気密性の高いもの(気密性の向上→住宅の隙間を無くす)→カッパなどの風を通さない素材

先程のダウン(断熱材)に防風対策として、カッパ(気密→防風素材)を羽織れば、体から熱がより奪われにくくなり、寒さも和らぎ、むしろ自ら発する熱でポカポカすることを体感出来ます。

世の中で、身近な高気密高断熱なもの

  • 冷蔵庫・・・(※究極の)高気密高断熱

冷蔵庫は、少ないエネルギーで、約10年から20年の耐用年数の間、家の中では唯一、電気を24時間使いっぱなしの家電です。

皆さんは、普段あまり意識していないと思いますが、冷蔵庫が省エネでないと、皆さんの家計って、とんでも無い事になるんです!

他にも、毎日お湯って使っていると思います。こちらも、お湯を沸かす機械(給湯器)が省エネでないと、これも皆さんの家計を苦しめます。

このあたりの説明を、現代の家に置き換えると・・・

6帖用のエアコン一台で・・・。みたいなセリフとか、床下エアコンを・・・24時間第一種換気で・・・太陽光を・・・。ZEHが・・・。とか、言葉(キーワード)だけが1人歩きしているようにも感じますが、ならば・・・

極論、冷蔵庫みたいな作りで、家並みに大きくすれば、”高気密高断熱の家”完成!ってなりそうですが。

しかし、そうはいかず・・・

家ともなれば、外の景色は見たいし、冷蔵庫みたいに冷やすだけでなく、暖かくもしたい、風雨にもさらされるから、耐久性も必要。日本は地震は来るから耐震性も。せっかく太陽の力があるから活用したい。などと、家づくりは、実は至って複合的、・・・目的はシンプルなはずなのですが、

だから正直なところ、それぞれの素材や商品選びには、お客様や工務店が、どういう家づくりをしたいのか?という部分も大きく関わってきます。

ぜひ、家づくりの際には、過度にはならず(何でもやり過ぎが良いとは限りませんので)とも、高気密高断熱化を基本としてお考えて下さい。

下記は、私が住宅の仕事に携わらせて頂いてから、「良い家をつくる」にあたって非常に参考とさせて頂いておりました方の動画です。(※以前は、HPのみでの情報公開でしたが、時代背景のこともあり、動画を発信して下さるようになりました。)

朝起きが楽⁉︎暖房を止めて翌朝20℃あるの⁉︎ 【木の香の家】公式 高断熱高気密 – YouTube



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
「コンの家の特徴」を更新させて頂きました!

2024 04.08

「コンの家の特徴」を更新させて頂きました!

コンの家の特徴

お知らせ

コンの家の特徴



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
枚方市で「お勧めの土地」をご紹介させて頂きます!

2024 05.10

枚方市で「お勧めの土地」をご紹介させて頂きます!

枚方市「お勧めの土地」 ここでは、下記条…

お知らせ

枚方市「お勧めの土地」

ここでは、下記条件に当てはまる方への”お勧めの土地”をピックアップさせて頂きます!

お勧めの土地条件

  1. どうしても”枚方市内“に住みたい
  2. 戸建て+注文住宅“で建てたい(リフォームも可)
  3. “当社(コン工務店)で対応可能な物件”のみ掲載

土地購入からだと、どうしても予算が大きくなってしまいがちな注文住宅。しかし、それは“土地と建物を別々に見たり、考えてしまっている事”が大きな原因なのかもしれません。上記の条件を満たしながらも”賢く(予算を意識して)新築やリフォームが出来る可能性がある”、そんな土地を今回はご紹介させて頂きます!

“新築”をご検討の方へ

“リフォーム”も視野に入れている方へ(樟葉エリア限定)

もちろん、他にも気になる土地がございましたら、ぜひご相談下さいませ!

予算感や、どんな大きさの建物が建てられたりするのか、などをお伝えさせて頂きます。今月末には、モデルハウス見学を実施させて頂きますので、ぜひお越し下さいませ!



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
八幡市で「お勧めの土地」をご紹介させて頂きます!

2024 04.21

八幡市で「お勧めの土地」をご紹介させて頂きます!

2024.04.21更新 ここでは、下記…

お知らせ

2024.04.21更新

ここでは、下記条件に当てはまる方へ”お勧めの土地”をピックアップさせて頂きました!

  1. “樟葉エリア周辺”に住みたい
  2. “車通勤や車移動”が多い
  3. “戸建て+注文住宅”で建てたい
  4. 高性能かつ無垢床”の家
  5. “地元の建築会社”で建てたい

土地購入からだと、どうしても予算が大きくなってしまいがちな注文住宅。しかし、それは“土地と建物を別々に見たり、考えてしまっている事”が大きな原因なのかもしれません。

上記の条件を満たしながらも”賢く(予算を意識して)建築が出来る”、そんな土地。

他にも気になる土地がございましたら、ぜひご相談下さいませ!(無料設計相談)



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
枚方市「若者世代空き家活用補助制度」ぜひ、ご活用下さいませ!

2024 04.17

枚方市「若者世代空き家活用補助制度」ぜひ、ご活用下さいませ!

枚方市では現在、これから家を建てようとする"若…

お知らせ

枚方市では現在、これから家を建てようとする”若者世代”や”子育て世代”を応援しようと、下記の補助制度を設けられております。

枚方市若者世代空き家活用補助制度

“リフォーム”や”空き家の除去”なども含まれます

もし、該当するのであれば“最大で100万円の補助”を受けられる為、これから”新築・リフォーム”をお考えの方には、とても有難い施策だと思います!

ただし、該当する為には条件も定められておりますので、ぜひ、気になる方は、下記をご覧下さい。
(枚方市若者世代空き家活用補助制度)



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
「子育てエコホーム」3月29日から申請受付開始!

2024 03.29

「子育てエコホーム」3月29日から申請受付開始!

国土交通省・経済産業省・環境省の3省連携で行う…

お知らせ

国土交通省・経済産業省・環境省の3省連携で行う「住宅省エネ2024キャンペーン」の交付申請および予約の受付が3月29日午前10時から開始しています。

子育てエコホーム支援事業

“子育て世帯または若者夫婦世帯のいずれか”が、”高性能な住宅を新築”する場合において、”最大補助額100万円”といった施策になります。

詳しい内容についてはコチラにてご確認下さい。
(子育てエコホーム支援事業)



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
gift1.超高断熱な家

2024 04.07

gift1.超高断熱な家

私たちがみなさまにお届けさせて頂く"コンの家"…

コンの家の特徴

私たちがみなさまにお届けさせて頂く”コンの家”の断熱性能は、標準仕様で断熱等級6に相当するUa値0.46W/㎡・Kの高断熱住宅。これは、”近未来の住宅基準”と言われるHEAT20 G2レベルを達成した超高断熱住宅となります。

超高断熱な家

セルローズファイバー断熱材充填の様子

当社では、”夏の暑さ”や”冬の寒さ”に影響されず、皆様に”快適な暮らし”を手に入れて頂く為、お客様ごとに応じた”断熱計画と空調計画”のご提案をさせて頂いております。(※床下ACの採用も可能)

私たちの家づくりはいつも、”みなさまがどのように暮らしたいか?”を大切にしています。

特に、私たちがお仕事をさせて頂くエリアは、”夏場の屋根面への日射”が強いことが特徴です。

断熱施工の様子

屋根面には、約30cmもの厚みのセルローズファイバー断熱を充填。こうすることで”夏も涼しい屋根”が完成します。
“建物の予算”や”計画”にも応じた断熱材を選定(※写真は高性能な”硬質ウレタン断熱”)

比較的寒い地域においては、”壁充填断熱に外張り断熱を付加”した、”ダブル断熱工法”にて施工させて頂く事も可能です。

ダブル断熱工法

“ダブル断熱工法”では、建物外周部分を断熱材で覆ってしまうため、”熱狂部分が生まれにくい”ことが大きな特徴です。

このように、”建物の形状”や”地域”に応じて、しっかりと断熱施工された建物には、”気密性能も同時に向上させてあげる事”で、より”断熱材本来の力”を長きに渡って、建物が発揮してくれるようになります。(※これが気密施工の最大のメリットで、気密無くして断熱はありません。気密と断熱は常に一体)

気密工事

しっかりと”断熱気密施工”された建物内の様子(家族の心も温かくなる家)
“気密工事”を終えた後は、”気密測定”に移ります。(C値=0.5以下を厳守)

中でも、特に熱の出入りが激しい”窓”においては、断熱性能が高く結露リスクが少ない”オール樹脂サッシ”をコンの家では標準仕様とさせて頂いております。

”オール樹脂サッシ”が標準

当社では、”建物の方位”や”断熱計画”に応じて、”ペアガラス”や”トリプルガラス”の使い分けさせて頂いております。

尚、”樹脂アルミ複合サッシ”については、真冬の壁内結露が多く、当社では採用致しません。(※木造住宅では、”木そのものが構造体”となる為、壁内を高湿に保ってしまうような行為は、”構造体でもある柱”を腐らせてしまう恐れがあり、耐久性におけるリスクが非常に高いのです。同時に、白アリ対策も重要。)

そのようにして、真冬においては日射を取り込み、出来る限りその熱を外へ逃がさず、室内の保温性に役立てます。

“樹脂窓”は、大きな窓でもなかなか熱が逃げにくいことが特徴ですので、安心して”採光を確保”することが出来ます。

このようにして出来上がった”超高断熱な住まい”。温熱環境において”住まう人の体に優しい”だけでなく、”光熱費の削減”をも手助けしてくれます。

高効率な設備機器

“太陽光パネル”を上手く活用出来れば、尚、良いと思います。(格子と団欒のある家) ※現在では、補助金の活用も可能。

また、室内空気を新鮮に保つ”24時間換気システム”には、熱エネルギーロスの少ない”全熱交換型の第一種換気システム”を標準搭載(※コンの家では、建物の断熱計画や、空調計画、メンテナンス方法など、お客様の要望に合わせて”お勧めの機種”を選定させて頂いております。)

この装置が、外部から常に”新鮮な空気”を取り入れ、
各居室へ送り届けてくれます。

上記機種の場合においては、3か月に1回程度の”フィルター清掃”が必要とはなりますが、”新鮮な空気が、24時間家の中を駆け巡る”ことを想像するだけでも、快適な気分にならずにはいられません!

冬の寒い日における、暖かな家。

夏の蒸し暑さを感じさせない、涼しい家。

そこに住まう人がそう感じられてこそ、”安心・快適な家”なのだと、私は思います。

暖かな住まいに、”冬の日差し”を取り込んだ設計計画

一邸一邸、コンの家ではお客様の要望に応じて、大切に向き合わせて頂きます。



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752
お客様に「わかりやすく説明をする大切さ」を改めて体感

2024 04.06

お客様に「わかりやすく説明をする大切さ」を改めて体感

こんばんは! コン工務店の宮崎です。 昨…

コンのこと

こんばんは! コン工務店の宮崎です。

昨日は、車のエンジンオイルを長らく交換していなかったので、最寄りの車屋さんへ。

すると、どうやら別の部分にも不具合があったようで、

スタッフの方が、その部分が私にも分かるよう、

車の裏面(底)が見える”ピット内”へ案内して下さいました。

赤色の矢印部分が”ピット”と呼ばれる部分(潜って仰向けなどにならなくても、直立した状態で車の底部を確認できます)

車の部品などとなると、私も分からない事が多いのですが、自分の目で見て説明を受けると、容易に理解する事が出来ました。

“サービスを受ける側の知識や経験”によって、捉え方は異なるのだと思いますが、この方のように”個々のお客様にわかりやすく伝えたり、伝えよう”とする姿勢は、改めて大切な事だと体感させて頂きました。

今後は、私たちがお届けさせて頂く家についても、わかりやすく伝えられるよう工夫させて頂きたいと思います。



宮崎 晃一

「建設中の現場を見たい!」と思ったら、

コン工務店にご相談ください。(枚方・八幡の注文住宅)

お問い合わせ (TEL : 090-3354-8752

たくさんの人が集まれる家

MODEL
HOUSE

05/26 見学会開催! ご予約はこちら

Next

家づくりガイド